SIRCUS.TV「サーカス」
FOLLOW ME

人の夢に貢献した男の、心温まる話

les.jpgアメリカのとある飲食店経営者が、4年前に開業した店をたった100ドルで売却した。
本来、彼の店は5万ドルの評価額がついていた。
しかし、彼は売却に当たってある条件をつけ、破格の売却に応じたのである。
その条件とは一体どのようなものなのだろう?

お店を売却したのは、マイケル・ジュードリックさん(40歳)。
彼は2008年ミルウォーキーに、オーガニックレストランをオープン。
元々Webデザイン事務所を同じ建物の3階に持っていた彼は、将来的にお店を手放すつもりだった。
なぜ手放すつもりで開業したのか?
それには訳があった。
彼はいつか人の夢に貢献したいという強い思いがあり、その手助けのため、お店を開いていたのだ。
現在アメリカでは、失業の問題が深刻化している。
ミルウォーキーもその例外ではない。
彼の周りでも職を探す料理人が多くいたために、それらの人を助けるつもりで店舗を設けたのである。

そしてついに、彼の考えに共感してくれる女性の料理人があらわれた。
失業中のネル・ベントンさん(35歳)はたしかな料理の腕を持っているだけではなかった。
マイケルさんと食や健康に対する考え方が完全に一致したために、彼女にお店を譲ることにしたのだ。

その売却価格はなんと100ドル。
失業中のネルさんが負担なく自らの腕を生かせるようにと破格でお店を譲った。
その代わりに次の3つの条件がついた。
まず1つに「現在働いている従業員を解雇しないこと」
そして次に「少なくともこの先2年間、メニューを変更しないこと」
そして最後に「マイケルさんと妻に、この先1年間、1日1食無料で提供すること」
以上。いずれも難しいものではなかった。

お店を譲り受けたネルさんは、今度は彼女がマイケルさんにしてもらったように、失業者や難民の支援を行うようになった。
非営利団体のためにお店を開放したり、アメリカにいる難民を支援する活動も行っている。

本当は100ドルよりも、高い金額で購入を申し込んだ人もいた。
しかしマイケルさんは、条件を引き受けてくれる人としてネルさんを選んだ。

彼は今回の店舗売却について、こう説明している。

「私は、我々がしばしば忘れていることをしただけです。人の夢の実現を、手伝えるということを。」
MARCH 8, 2012 |  
おすすめアイテム
amazon.co.jp
ITEM
おすすめ本
amazon.co.jp
BOOK
おすすめアイテム
amazon.co.jp
ITEM
おすすめ本
amazon.co.jp
BOOK
おすすめアプリ
Dropbox : 最大で16GBの容量を無料で獲得することができます!
APP