ソフトバンクのスマホ料金を安くしたい方必見!

更新日:2016年04月28日

安いイメージが先行していて実はあまり安くないソフトバンク

多くの人が安いと思っているソフトバンクですが、実はあまり安くないのがソフトバンクの実情だといえます。特に現在選択できる通話し放題とスマ放題に関していえば、ドコモやauと全く同じ料金のため、ソフトバンクが安いというのは思い込みに過ぎません。

ソフトバンクの料金プランをチェックしてみよう

ソフトバンクの料金プランを詳しくチェックした場合、旧ホワイトプラン利用者と、現行の通話し放題+スマ放題のプランが混在している状態になっています。この二つをまずは比較してみると以下のとおりになります。

ソフトバンクの新旧料金プラン比較

旧プラン 新プラン
基本プラン ホワイトプラン 通話し放題
データプラン パケットし放題(7GB) データ定額パック2GB(2GB)
基本プラン料金 1,867円 2,700円
データプラン料金 5,700円 3,500円
ISP使用料金(LTE NET) 300円 300円
合計 6,934円 6,500円

上記の月額費用となるため、ホワイトプランの利用の場合消費税を入れた金額は8,323円、通話し放題+スマ放題2GBの場合は7,020円の支払いが必要となります。そのため安いイメージのあるソフトバンクといえども決して安い利用料金とは言えません。また、新プランを利用しても旧プランを利用しても結果的に7,000円を超える金額の支出が最低限必要になるといえます。ホワイトプランの場合はパケットを使おうが使うまいが5,700円は必要ですし、新プランの場合は電話をしなくても2700円は固定で必要になる上、スマ放題のプランを2GB以上にするとさらに高額な支払いが必要となります。

使用している料金プランを見直して安くする

支払いを下げたい場合には、まず自分の使用している状況を見直す必要があり、見直す際にポイントとなるのが自宅のネット回線とスマホの両方を同じ会社で契約すること、オプションには一切加入しないこと、データ容量を見直すことの3つが重要になります。

  • ・自宅のネット回線とスマホをソフトバンクで契約
    自宅のネット回線とスマホの両方を同じ会社で契約することに関しては、現在ソフトバンクはソフトバンク光という自宅のネット回線も取り扱っており、ソフトバンク光とソフトバンクのスマホを併用した場合、スマホのデータパックの割引が行なわれます。2GBの小容量のパックの場合は永年毎月500円、5GBなら2年間は1522円、3年目以降は1008円といった値引きが可能となります。そのため自宅のネットをソフトバンク光にすれば大幅な経費削減が可能になります。
  • ・オプションの加入
    知らず知らずのうちに契約時にオプションに加入している場合が多く、その支出がかなりかさんでいる可能性があります。そのため請求書を見てオプションの加入がある場合には、それらを全て外したほうが良いといえます。
  • ・データ容量を見直すこと
    スマ放題の場合は2GB・5GB・10GBと容量が選択できるようになっています。もしかしたら意外と使うかもと大目のパックを選択している場合、実際には使用していなくても変更しないまま高い料金を支払っている可能性があります。そのため自宅や会社でwifiを使用するなどの方法を併用し、一番安い2GBのプランに変更することで使用料金を抑えることが出来るといえます。特に使うか使わないか分からないのに不安だから大目のパックにしている人や、ほとんど使用しないのにも関わらず変更が面倒という人は、出来るだけ早急にパックの変更を行ないましょう。
  • 今よりももっと安くしたいなら格安SIMも選択肢に

    プランの見直しによりソフトバンクの素m歩利用料金を大幅に軽減できると思いますが、それでもまだ高いと感じる人も少なくないといえます。その場合、柿安SIMの利用で使用料金を大幅に減らすことが出来るといえます。特にお勧めなのがDMMmobile、U-mobile、Y!mobileで、三者三様のメリットが存在しています。

    DMMmobile

    この格安SIMに関しては他者と比べても飛びぬけて安い440円でスマホが使える価格設定がウリだといえます。DMMmobileの場合は通話の出来ないデータSIMの利用の場合は440円から利用が可能ですし、通話SIMの場合でもソフトバンクよりはるかに安い1140円からの利用が可能になっています。そのためほとんど待ちうけだけど通話はする人は1140円の通話SIMを、通話は全く行なわずネットもほとんどがwifi利用の場合はデータSIM440円の利用がお勧めだといえます。

    U-mobile

    速度制限なしで使い放題がウリとなっており、こちらもデータSIMと通話SIMの2種類が選択できます。データSIMの場合はひと月2480円でLTE使い放題となりますし、通話が可能な通話SIMの場合でも2980円という格安な料金でLTEが使い放題となりしかも通話も可能となります。ただし超高速の通信は出来ませんので高画質の動画をバンバン見るのには少々難があるかもしれませんが、一般的なネットの利用などであれば全く問題ないため、動画以外のネット利用者、もしくは動画はwifi下で見る人に向いている格安SIMだといえます。

    Y!mobile(スマホプランS)

    スマホプランSは2980円で通話定額プランとなっています。このスマホプランSの場合、どのキャリアのスマホにかけても固定電話にかけても通話料は0円のため、通話料を気にすることなく通話が可能になります。データ通信もひと月1GBまで利用できますので、通話メインでデータ通信もたまにやる人、通話が多くデータ通信はwifi下での利用が多い人にお勧めのプランと言えます。スマホプランSの場合、10分以内の通話に関しては何度かけても通話料無料という条件が在りますが、10分を超える通話をすることはそれほど多くないといえますし、10分経つ前に一度切ってまたかけなおせば通話料は無料で使用できますので非常にお得なプランだといえるでしょう。

    新着記事一覧

人気記事ランキング

カテゴリー